移植医療部スタッフ紹介

  移植医療部 部長
氏名 澤 芳樹
  心臓血管外科 教授
担当

心臓・心肺同時移植

URL
http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/kg-portal/aspI/RX0011D.asp?UNO=11093&page=3
 平成24年4月より移植医療部部長に就任致しました外科学講座(心臓血管外科学)の澤でございます。私は心臓血管外科科長として、主として心臓移植および心肺同時移植を担当しています。また2010年7月に改正臓器移植法が施行され、脳死臓器提供も飛躍的に増加し、当院でのすべての臓器移植の件数は増加しており、移植医療の推進は当院にとって重要な役割を担っております。

当院は、現在わが国で認められている全ての臓器の移植実施施設として最初に認可され、全ての臓器移植を実施している唯一の移植施設です。移植医療部発足当時から、移植医療を統括して円滑に実施することが移植医療部の役割で、各臓器移植を担当する診療科医師が兼任として運営し、看護師がレシピエント移植コーディネーターとして患者・家族・生体ドナーのケアに当たっています。 全ての臓器移植が認可されているため、同日に複数の臓器を移植することも稀ではなく〔最大、5臓器移植(心、肺、肝、膵+腎)〕、移植医療部が診療科の垣根を越えて連携できる、即ち、チームワークの賜物であります。また、当院の造血幹細胞移植も固形臓器の移植と同様長い歴史を持ち、実績を上げてきており、臓器移植・造血幹細胞移植での共通の課題である拒絶反応や感染症の予防、診断と治療並びに患者・家族の精神的・経済的諸問題を解決するべく診療科の枠を超えて協力しながら活動しています。

 当院は、「臓器移植に関する法律」の施行以前から、わが国における移植医療の定着に尽力してきました。特に、移植医療の啓発活動を、日本移植学会、日本臓器移植ネットワークや患者団体と協力しながら行ってまいりました。そこで、本ホームページでも移植についての知識を得やすいように、各臓器移植の詳細や移植医療に関係した学会、研究会、移植者スポーツ大会の年間行事など移植医療に関係 したいろいろなホームページへのリンク一覧、さらには移植医療に対するQ&Aのページを掲載しました。
 また、毎年市民公開講座を実施し、移植医療の普及啓発にも取り組んでまいりました。

 また、移植医療部は当院の臓器提供を円滑に行うための情報本部としての役割も担っおり、救命救急センター医師および看護師にも部員として加わっていただいております。ドナー並びにそのご家族のご意思が無駄にならないように活動を続けたいと考えています。

 今後共、わが国における移植医療の定着を目指し活動していきたいと存知ますので、御指導・御鞭撻のほどよろしくお願いします。